2011年12月23日

自動車部品メーカー セクシーコンパニオン(アルパイン他)

Photo_2
アルパイン株式会社は、当社の親会社であるアルプス電気株式会社を中心としたアルプスグループに属しており、車載音響機器、情報通信機器を開発、製造、販売している。本社東京:〒141-8501 東京都品川区西五反田1-1-8







Image213マニュアルクラッチ(手動変速装置用製品)やトルクコンバータ(自動変速装置用製品)、その他、建設・産業機械用製品、 二輪車用クラッチなどを世界18ヵ国にあるエクセディグループ34社で生産・販売をしています。








Dsc_2957株式会社エフテックは、埼玉県に本社を置く、本田技研工業系列の大手自動車部品 メーカー。主要取引先は、本田技研工業、日産自動車、スズキ、ゼネラルモーターズ、 いすゞ自動車、トヨタ自動車、ダイハツ工業、三菱自動車工業など








Tms_gal_2009102911_09株式会社ケーヒン(Keihin Corporation )は、本田技研工業(ホンダ)系最大手の総合システムメーカー。本社は東京都新宿。
なお、アスベスト製品の不正納入で書類送検された京浜バルブ工業とは、一切関係・関連が無い。







Dsc_2869興和テムザック株式会社は、電動モビリティ「KOBOT」(コボット)のコンセプトモデルを開発。興和テムザックは、医薬品・電機光学機器を製造する「興和株式会社」とサービスロボットメーカーである「株式会社テムザック」が、CO2を排出しない地球環境と人の健康に配慮した電気自動車の開発
を目的として戦略的業務提携を行い、両社出資によって2011年2月に設立した新会社です。






Tm1944軸受メーカーとしてスタートしたNTNは、1918年の創業以来、摩擦や潤滑、素材表面の改良などに加え、機能性樹脂、セラミックなどをはじめとする新素材の研究や、精密製品そのものである軸受には欠かすことのできない計測技術などの基礎研究を続けてきた。







Specデータシステムは、「クルマでも地デジはハイビジョン」「マルチカメラでセーフティドライブ」の2つのテーマをメインに東京モーターショー11へ出展した。体験型のデモ展示によって製品への理解を深めてもらうことを目的としている。デモカーとして『i-MiEV』を用意し、リアルなデモンストレーションを体験することができるブースを展開。







Photo_3自動車の内装・外装品、パワートレイン機器部品などの自動車関連部品、および繊維 関連製品の製造、販売を行っている。








Photo_4エクソンモービルは世界200カ国以上で事業展開をしている。また21カ国に38の石油 精製所を展開し、毎日の石油精製は630万バレルである。エクソンモービルが保有して いる石油埋蔵量は2007年末で720億バレル換算とされ、現在の生産量で14年以上 持つとも。







Image172東海理化は、人の意志をクルマに快適に伝えるヒューマン・インターフェイス部品をはじめ、財産としてのクルマを守る安心のセキュリティ部品、人の生命を安全に守るセイフティ部品など、人とクルマがふれあい、対話する製品づくりを通じて、クルマのある豊かな社会づくりに貢献してきました。
posted by 東京マンション at 11:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。